頚椎症(頚椎症性神経根症・頚椎症性脊髄症)

頚椎症の原因と症状

頚椎の加齢による変化が原因で起きます。椎骨と椎骨の間には椎間板(椎間円板)というクッションの役割をしている円形の線維軟骨があります。椎間板が年齢とともに弾力を失って、クッションの働きが弱くなると椎骨と椎骨が接触することにより、骨が変形して骨棘という骨の出っぱりが出来たり、椎骨が少しづつずれたりするために、脊髄や神経根が圧迫されて痛みやしびれ、麻痺などさまざまな症状が出てきた状態をいいます。この病気は頚椎椎間板ヘルニアと共通する症状が多く見られます。

通常、頭を後ろへそらせると痛みが強くなります。そのため、上を向く動作が不自由になり、棚の上の物を取る、うがいをする、水泳で息継ぎをするなど、日常生活やスポーツに支障が出ます。 上肢の筋力低下や麻痺やこわばり、感覚の異常が生じることも少なくありません。 感覚異常の出る指によって圧迫部位を特定することが出来ます。例えば母指に感覚異常が出たときは第5頸椎椎間板が、中指の時は第6頸椎椎間板が、小指の時は第7頸椎椎間板に圧迫が在ると考えられます。症状が進行すると、手の筋肉が萎縮したり、皮膚温の低下、発汗異常、手指の変形などがみられます。

無形エネルギー共鳴療法による施術

頚椎症の場合、首肩に著しいコリや痛み、痺れがみられることが多く、首の側面から後ろ側の筋肉、頭板状筋、斜角筋、肩甲挙筋などが石のように硬くなっていることがあります。
まずはこの重度のコリをほぐし、筋肉の柔軟性と血流を取り戻し、不快な症状を緩和致します。
頸椎の変形は胸椎、腰椎の変形による姿勢の変化が原因となっている場合が多く見られます。 病気の原因となっている頸椎だけではなく脊柱全体が自然なカーブを描くように椎骨の周りの筋肉を緩めていきます。
このとき注意しなければならないのは脊柱のゆがみは脳や内臓に本当の原因がある場合があるということです。当院では体全体を診断し、ゆがみを起こす本当の原因を探り当て、根本的な不調の解消を目指します。